中南米原産の香木パロサント(=神の樹)です。

ラテンアメリカの先住民や南米では古代から魔よけの儀式などに使う特別な香木として利用されてきました。

リラックス効果があり、現在では瞑想の導入などに利用されています。

芳香剤としてはもちろん、虫除けとしても使用できます。

パロサントの木は油分を豊富に含み、濃厚な芳香があるのが特徴です。

その香りは柑橘、バニラ、ミルキー、スパイシーなどさまざまな言葉で表現されていますが、どれもぴったり当てはまるものがありません。

着火してもいわゆるお香特有の乾いた香りがせず、クリーミーで芳醇な、『パルサント特有の香り』がします。

Model _ PARO SANT

着火せずに玄関やお部屋に置く場合、微かな香りを長期間楽しめます。

また、着火することで、より濃厚な香りが楽しめます。

油分を多く含んでいますので、ライターの火を近づけるだけでそのまま簡単に着火します。

(少しずつ焚きたい場合にはカッターナイフで小さく削って耐熱皿の上で着火してください)

1箱に6本程度入っています。