公私共にパートナーであるNina TolstrupとJack Mamaは、2000年Studiomamaを設立。

誠実でシンプルな造形で、ミニマルながらも遊び心と実用性のあるデザインを手掛けている。

そのデザインは、すべての人に平等に良いデザインを、という信念に基づいている。

Nina Tolstrupはコペンハーゲンのビジネススクール卒業後、パリ・デザイン大学(ENSCI)へ渡りインダストリアルデザインを学ぶ。

現在は英国のレイヴェンズボーン・カレッジの講師、シラキュース大学の客員教授、Design Museumのレジデンシープログラムの選考委員も務めている。

Model _ routine

Designer _ Nina Tolstrup and Jack Mama

Material _ ホワイトアッシュ

木が生まれ
枝が切られ
長く伸びて
靴べらへ

物質、喜びと儀式が、ひとびとの日常のなかでひとつになる。