一般社団法人more trees(モア・トゥリーズ)は、音楽家・坂本龍一が代表を務める森林保全団体です。

加速する森林破壊と地球温暖化の危機的状況に行動を起こすために、坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏、中沢新一、桑原茂一の5名が発起人となって、

100名以上の賛同人とともに2007年に設立されました。

地域との協働で森林保全を行う「more treesの森」の展開、国産材を活用した商品やサービスの企画・開発、セミナーやイベントを通じた森の情報や魅力の発信など、

「都市と森をつなぐ」をキーワードに「森と人がずっとともに生きる社会」を目指したさまざまな取り組みを行っています。

 

いま世界は、気候変動や生物多様性の危機など、森林の減少がその一因と言えるさまざまな問題を抱えています。

状況は深刻で、解決はおろか、改善も容易ではありません。

それでも、目の前にあるできることから取り組むという姿勢を、私たちは大切にします。

現実を見つめつつ、森を育む仲間とともに少しでも前向きな活動をしていきたいと考えています。

Model _ stool(single/double/long)

Designer _ Jasper Morrison・熊野 亘

「スツール」はmore trees設立10周年を記念して誕生した特別なプロダクト。

世界的なプロダクトデザイナーであるジャスパー・モリソン氏と熊野亘氏がでデザインを手掛けました。

「more treesの森」がある岐阜県のヒノキの無垢材を使用し、地元の職人によって一つひとつ手作業で作られています。