​直径65mmの小さな球体に本物の植物をそのまま閉じ込めた美しいペーパーウエイト。

 

イギリスのサウスウェールズ州にあるハフォド・グレンジ社が独自技術で1968年から製造している製品です。

創業者のバリー・ニーダム氏は、14世紀に建てられた教会でペーパーウエイトの製造に取り組みました。

そして研究を重ねた結果、柔らかいたんぽぽの綿毛をポリエステルレジンにとじ込めることに成功します。

彼の死後、その技術を引き継いだ実弟のアランがペーパーウェイトの製造を引き継ぎ、より洗練されたプロダクトとして現在の姿を完成させました。

手作業で慎重に摘み取った植物は、ひとつひとつ丁寧に乾燥処理したあと、独自の技術でポリエステルレジンに封入し、表面を研磨して仕上げられます。

ポリエステルレジンは紫外線の透過を防ぐため、中に閉じ込めた植物の退色を防ぐ効果もあります。

Model _ paper weight

Brand _ HAFOD GRANGE

たんぽぽとチーゼル

球体を覗き込むと、きっと美しい植物の姿に目を奪われることでしょう。

中に閉じ込められた植物は生産者の庭で育てられた植物や、近隣の山々に自生している本物の植物です。

透明なポリエステルレジンの球体がレンズの役割を果たし、

360度どこから見ても美しい、最高のアートピースに仕上がっています。