1975年高知生まれの尾原 史和

アートディレクター/スープ・デザイン代表。

スープ・デザインでは雑誌や書籍、展示会などのデザインを中心に活動。

新たにマルチプル・レーベルとして「PLANCTON」を設立し、写真集の出版や靴などのプロダクトをジャンルにとらわれず制作をしている。

著書に『デザインの手がかり』(誠文堂新光社)、『逆行』(ミシマ社)がある。

DESIGNTIDE TOKYOのディレクターとしても参加している。  

Model _ Rule Book

Designer _ Fumikazu Ohara

Material _ 紙

Size _ 幅300 × 奥行き110 × 高さ150

目の前に存在する物をどう扱うべきか見当がつかないならば、それをいかように扱えばよいかを想像することになる。

私はその扱いづらい物を作るべく取り掛かることとする。

それを作るために誰もがわかる「本」という存在を適用することに決めた。 

本の工程をそのまま踏襲しつつ、いつもとは違う選択を重ねることで、

本来、本として認識されるべき役割の物から、扱いづらいであろうオブジェクトへの生まれ変わりを望んだ。