4世代に渡り、オーストリアのウィーンで伝統的なクラフトマンシップを受け継ぐカール・オーボック。

初代カール・オーボック(1900~1957)はオーストリアのモダニズムにおいて非常に大きな功績を残した人物とされています。

彼は金属工房の両親のもとで伝統的な銅工芸を習得した後、ウィーンの美術学校やバウハウスで主に絵画を学び、1926年に工房を引き継ぎました。

40年代初めには伝統性とモダニズムを融合したスタイルを確立し、

ウィーンの工芸で古くから用いられていた真鍮を多用しながら室内用オブジェ、アクセサリーなど幅広いデザインを手がけました。

1954年のミラノ・トリエンナーレでは4つの金メダルを受賞し、国際的な評価も高まりました。

現在は4代目Carl Aubockとその妹 Mariaが工房を引き継いでいます。

Designer _ Carl Auböck

Model _ Key Ring

Materials _ Brass