Collection 008 "Taphonomy"

 

生物が「石化」していく過程・メカニズムを研究する学問を指す言葉"タフォノミー"をテーマにしたコレクション。

Collection 007では、コレクションのキーワードとして"樹木"が位置していましたが、その「樹木の石化」を中心に洋服で表現をしています。

 

衣服に対して石化現象が起こったらどのようになっていくのか、その過程を表現。

衿は身頃に同化していき、境界線が曖昧になっています。

本来前開きだったフロントも、途中で同化しプルオーバー仕様に。

アントワープ王立芸術アカデミーを卒業したElise Gettliffeによって作成された陶器のボタンが付属する、アートピースのような側面をもった1着です。

 

”Majorelle Blue”と名付けられた鮮やかな青色は、モロッコに存在するマジョレル庭園の景観からインスパイアされた、今コレクションの象徴となるカラーです。

amachi. Garment Taphonomy-Shirt Majorelle Blue

¥58,000価格
  • MATERIAL

    cotton 100%

  • COUNTRY OF ORIGIN

    JAPAN

  • SIZE

    4・5の2サイズ

     

    (SIZE 4)

     

    裄丈約87cm 身幅約59cm 着丈約91cm 

     

    (SIZE 5)

     

    裄丈約89cm 身幅約60cm 着丈約93cm