midorikawa_logo_data.jpg
IMG_1030.jpeg

Midorikawa

ANGORA REVERSIVLE JACKET

color _ BEIGE

size _ S

IMG_1019.jpeg

Midorikawa

ANGORA REVERSIVLE VEST

color _ BEIGE

size _ F

IMG_6032.jpg

アンゴラ60%とウール40%で構成される生地にビーバー仕上げを施すことで、整った毛並みから自然な光沢を放つオリジナル生地。

​程よい膨らみと厚みを持たせたことでアウターとして着用可能なリバーシブル仕様のジャケットとベスト。

IMG_6046.jpg
IMG_6051.jpg

胸ポケット部分まで表地が続く「お台場仕立て」。

身頃に対して袖が高い位置に取り付けられる「袖高」の仕様。

どちらも非常にクラシカルな仕様ですが、それを構成するのはそれぞれ特徴の異なる計5種類のファブリック。

それら生地は複雑かつ構築的に折り重なり、寸分の狂いもない精緻なステッチワークで縫い上げられます。

唯一無二とも言えるMidorikawaのエレガントでデコラティブな洋服は、生地の持つ力と圧倒的な技術によってでしか成し得ないものです。

IMG_1043.jpeg

Midorikawa

OUT OF MUSEUM ZIP-UP PARKA

color _ LIGHT YELLOW

size _ S , L

IMG_1054.jpeg

Midorikawa

OUT OF MUSEUM SWEAT PANTS

color _ LIGHT YELLOW

size _ S

IMG_5978.jpeg

以前から緑川氏と親交の深い、"OUT OF MUSEUM" の小林氏の作品である肖像画が随所に配置されたスウェットシリーズ。

特徴的なタッチで描かれた全ての肖像画は緑川氏の美意識のもとで、どの肖像画をどの位置にどの大きで配置するのかまでコントロールされています。

IMG_5986.jpeg
IMG_6061.jpg

肖像画のプリントが施されたオーガンジー素材の四辺はオーバーロックで生地端を整えられた上で、ボディーと一体化。

ライトイエローのスウェット生地にはシルバーのラメが散りばめられており、薄手でしなやかさを持ちながら迫力のある生地。

 

パンツもパーカーも決してオーバーサイジングではなく、着用者の身体のラインを美しく見せるような上品さを感じさせるバランス。

​Midorikawaの洋服に一貫した美意識がしっかりと感じられるシリーズです。

IMG_8028.jpg

Midorikawa

WOOL GAUZE SHIRTS

color _ OFF WHITE

size _ F

IMG_8014.jpeg

Midorikawa

WOOL GAUZE DOCKING JACKET

color _ OFF WHITE

size _ F

IMG_5988.jpeg

その名の通り、ウールガーゼ生地を使用したブルゾンタイプのジャケットとシャツジャケット。

4重織りのウールガーゼをお湯で洗い縮絨させ、軽さと保温力を両立。

見た目の意匠と機能性を併せ持つ生地となっています。

IMG_6009.jpg
IMG_5999.jpg

表地として使用されているウールガーゼ生地は、箇所によって生地端の処理が異なります。

​肩線やバックヨークの切り替え部分などは断ち切りで、コットンキュプラの裏地を1.5cm幅で裏から当ててほつれと伸びをカバー。

着用した際のゴロツキを生まないために適材適所で処理を変え、それが意匠としての奥行きをもたらしています。