IMG_4096.jpeg

"Isabella Stefanelli"

Aug 22 , 2022

Isabella Stefanelli (イザベラ・ステファネッリ)

このブランドは、いつか自分の手で皆様に紹介をしたいと思ってた。それがいつの日になるのか、頭で想像していた時には、もっともっと先になってしまうのかな。って思ってたんですけどね、今回、晴れてそういう時がやってきた。世界でもある特定の洋服のジャンルの”頂点”に存在するブランドだと思う。それだけの服だから。Isabella Stefanelliに関してだけではなく、ただ単に、店に”並べるだけ”ならまだしも、僕は”取り扱う”ということは、そのブランド相応の”能力”が必要になると思ってる。だから、まあこちらでそれを受け入れ、お客様方にお伝えできるだけの力は必要となるわけですよ。その中でもIsabella Stefanelliは、こちらでもホントにいろんなことが欠かせない領域の洋服。ということもあり、洋服屋として少しずつステージアップしていくことが不可欠だった。とても特殊な洋服をつくってる人物ですからね。まだまだ幼い4歳の頃から、テーラーの父親の縫製仕事を遊びのように手伝い、そこから40年以上と言われるほどの洋服のキャリアを持つ人。日本でも、世界でもIsabella Stefanelliを真似しよう、追い付きたいとするブランドは、たくさんいるみたいだけど、それはまあ無理でしょうね。もう、イザベラさん自身、服づくりが生涯をかけて”身に染み付いてる”から。世の中には、夥しい数のファッションブランドが存在するけど、それに伴って”デザイナー”と言われる人の数も比例してくるわけ。ただ、その中でも、専門学校でも習うような”デザイン画”という、基礎の基礎の、洋服のデッサンを描ける人は、そう多くない。更に、ファッションデザイナーとして当たり前であるデ