IMG_5871.jpeg

IRIES H.M.

Sep 22 , 2022

今日は、また良いものを紹介させてください。これが紹介できるのもとても楽しみにしていたんですよ。IRIES H.M. (アイリーズ ハット メーカー)。これが納品されてから、毎日、毎日、気に入りすぎてエブリデイで被ってたから、来店頂くお客様方に、その帽子は何だ。って言われることがたくさんあったのですが、遂にお披露目。このIRIES H.M.との出会いは、突然に訪れた。まあ、もともと少しだけ前から話はもらっていたから、知ってはいたんですよ。ただ、ブランドの性質上、コレクション形式でやってるんじゃないから、直接会って話をしたりするタイミングがなかなかなかった。そして、ある日、突然に。というか、いつも通り、出張に行ってたとき。いつも出張に行く時は、ブランドとのいろんな打ち合わせもあるけど、展示会に行くことが中心的。その日も、いつも通り、バチバチのタイムスケジュールでの出張に行ってた。で、アポイントしていた通りに他のブランドの展示会場に到着。そして、きちんとアポイント通りに、そのブランドのコレクションラインナップを見てた。でね、そしたらその場所に、IRIES H.M.の入江さんがいたの。僕は、何年も前に入江さんに会ったことがあったので、久しぶりの出会い。入江さんは、コレクション形式で発表する帽子ブランドもやってるから、初めての出会いは、そのブランドで。そちらのブランドの方は、当店で取り扱いをするまでにはならなかったんですが、それ以来の再会。そして、その時の入江さんは、IRIES H.M.の構想だけはあって、実際には始動してなくて、まだ温めてた時期だったのかな。入江さんが、当時にはスタートしていなかったIRIES H.M.の現在の存在は知っていたし、僕も心の中にはずっとあったの。で、