designer : TOMMASO CECCHI DE ROSSI (トマソ・チェッキデロッシ)

CECCHI DE ROSSI一族は、古くはCECCHI家とDE ROSSI家が一緒になった家系。

イタリア、トスカーナで有名なFIRENZEより西に30分ほどの山と緑の深い PESICA(ペーシャ)に一族は居を構えます。
近年まで、タンナーとして有名なGUIDI社も同エリアにアトリエを持っていたなど、革産業にたずさわる中では知られた土地です。

 

一族は山を所有し、ブドウ畑=ワイナリーの経営を主としています。

その山の一角に、CECCHI DE ROSSI ブランドのアトリエは存在します。

靴のLASTのようにデザインする形になっている"木型"を使用し、革を成形する"モールド製法"により革を曲げ、固定させます。

革の産地で有名なトスカーナの革、バッファローのバケッタレザーをメインに、ブランド用に植物天然鞣しを施した革を使用し、

革を水で濡らし、LASTを用いて伸ばす=成形する、乾かす、の一連の作業を繰り返し、形を作ります。

一族で生産するワインを主原料に使用した、国際特許を有する染色:ペレヴィーノトリートメントにより染められ流のもこのブランドの特徴。

​art work  teruaki tahara

©2015 casanova & co. All right Reserved.