IMG_7753.JPG

ASTIER de VILLATTE

デザイナーは、イヴァン・ペリコリとブノワ・アスティエ・ド・ヴィラット。

パリで唯一の陶器メーカーとして1996年に創業しました。

黒い土を土台に白い釉薬をかけた、独特の風合いが魅力のアスティエ・ド・ヴィラットの陶器は、

パリ郊外で採掘された黒土を用いており、パリ市内の工房で職人たちの手によりひとつひとつ形作られた後、窯で焼き上げ、メイドインフランスに拘っています。

彼らの代名詞ともいえる純白の釉薬を纏った陶器は、土色が柔らかく透け、丁寧な手仕事でしか生み出すことができない、凛とした存在感を放っており、

古い器や忘れ去られたオブジェからインスピレーションを受けて、伝統とモダニズムを融合させたデザインが魅力です。

そして、香りの世界旅行をテーマとしたキャンドルとインセンス、香水などの香料製品からは、
陶器の作品群とはまた異なるアスティエ・ド・ヴィラットの世界を垣間見ることができます。

彼ら自身が楽しみながら創作することを心掛け、今日もパリのアトリエから世界中へと作品を届けています。

IMG_7661.JPG
IMG_7652.JPG

「白い釉薬」

 

「白を使うことで、モノとしてもボリュームつまりは豊かな立体感が出て、影の部分にも表情が感じられ、立体としての力と美しさが生まれる」とブノワは語る。

ブランドの創業期はオブジェを中心に制作していたAstier de Villatteだが、

しだいに「鑑賞のみよりも、普段使いできる作品」を目指すようにアスティエ・ド・ヴィラットは、ノスタルジックなディティールの器に、一番パワフルでインパクトのある「白」を使用。

クラシカルなフォルムに、白というエネルギッシュな色を用いることで、気品と柔らかなコントラストが生まれる。

 

アスティエにしかない艶やかな釉薬は、納得のいく白を生み出すまでに、丸2年以上かかったという。

パリ唯一の陶器工房として18世紀の手仕事を継承した伝統的な手法を採用し、全て手作業で製造しているからこそ、同じアイテムであっても各ピースは全て異なり、

釉薬のムラ、凹凸やゆがみ、左右の非対称さ、空洞や小さい穴なども決して「欠点」ではなく、独特の外観を与える「個性」と見なされています。

IMG_7671.JPG
IMG_7686.JPG
IMG_7678.JPG

「黒い土」

 

Astier de Villatteで使用される土は、パリ郊外、イル・ド・フランスで採掘されたもの。

パリのアトリエへ運ばれた後、空気を抜くために何度も練られる。

もちろんこの作業も決して機械を使うことなく、一貫して手作業で行うのです。

手でこねるからこそ、土が持つ強さをちゃんと生かせるという。

Astier de Villatteの見せる、真っ白な釉薬から透けて見える真っ黒な陶土のコントラストも魅力の一つです。

IMG_7840.JPG

「香りで世界を旅する」

 

世界各都市の名を冠したAstier de Villatte のインセンスとキャンドルは「世界各国の神秘的な場所が放つ、つかの間の香り」をテーマに作られたコレクション。

繊細で豊かな香りに、まだ見ぬ土地への憧れや懐かしい郷愁を呼び起こされ、日常の生活感からふと遊離した時間と空間をもたらしてくれます。

IMG_7889.JPG

「Incense お香」

 

神戸の沖に位置する、気象条件に恵まれた淡路島でAstire de Villatteのインセンスは作られます。

千年に渡り父から息子へと、「香師」が代々継承する伝統工法を用い、自然素材を用いて手間と時間をかけられて生み出されるインセンス。

製造の4つの工程は、香師だけが熟知しており、香木やハーブなどの植物、植物樹脂、香料で構成される天然由来限定の原材料を調合。

長時間しっかりと圧をかけながら粘土状に練り上げ、その後2週間休ませて香りを浸透させます。

この粘土を手作業で細長い帯状に伸ばし、必要なサイズに裁断。西風に3日間当てて乾燥。

次いで、棒状にしたお香を束ねます。

IMG_7916.JPG
IMG_7811.JPG

美しく洗練された佇まいのボックスに、長さ14cm、125本のインセンスが納められます。

燃焼時間約20分

IMG_7935.JPG
IMG_7825.JPG

「香り」

Grand Chalet / グラン・シャレ

スイスアルプスの高原牧草地に囲まれた小さく平穏な村の中心に、威風堂々と佇む木造建築「グラン・シャレ」。

美しい自然と清新な気候に恵まれたこの地に、バルテュス画伯が構えた終の棲家。

画伯を魅了したのは、牛乳と蜂蜜の香りや、アトリエを囲む菩提樹の老木から漏れる微かなシトラスの香り。

そして今再び、画伯が愛した香りは美しき思い出のごとく蘇り、「グラン・シャレ」に沁みわたる。

Namche Bazar / ナムチェ・バザー

ナムチェバザーはネパール・エベレスト麓の街。

干し草の匂いが漂うブラックティーに微かな煙草の香りを感じます。

バーヴェナとラベンダーの心地よさ、パチョリ、南米のマテ、ムスク。

ハーブを燻したような香り、ほどよく濃厚でクセになります。

Stockholm /ストックホルム

絡み合った石畳の路地、パステルカラーとオークルカラーに彩られた古い街。

ここではある秘薬が受け継がれています。

かつてスウェーデン王国のグスタフ二世は、自らの兵士を無敵にするため、これをヴァイキング戦士達に与えたといわれています。

ガラス瓶から漏れる野草、アロエ、クローブ、ラベンダーオイル、ミルラ、ベチバーの力強い香り。

Porte des Lilas /ポルト・デ・リラ

それは夢に見た過去への旅路。

次の停車駅は「ポルト・デ・リラ」。

誰もが知る1920年代に開設されたパリの地下鉄駅。

上機嫌の旅人が出口の階段をのぼりきった先に伸びる路地には、小さく可憐な家が整然と建ち並ぶ。

その庭先のフェンスから溢れ出るように咲き競うのは薄紫色のリラの花。

ときおり薔薇とジャスミンも混じる、緑華やぐ魅惑の香りに酔いしれる。

Palais de Tokyo / パレ・ド・トーキョー

セーヌ河を見下ろし、アーティストたちの空想の世界のミステリアスな乱気流の中を飛行する宇宙船かのようなパレ・ド・トーキョーは、見る者の視線を引き寄せ、目線をそらすことはできません。

常に情報に精通したフリーク(パレ・ド・トーキョー中毒のリピーター)なビジターたちが大勢集まり、熱気に満ちているうちっ放しのコンクリートの巨大な歩廊の迷路には、気持ちを揺さぶられるような香りが漂います。

それは木片の燃える煙、熱くなった肌、メタリックなバイブレーションの醸し出すうっとりと酔わせるような香り。

YAKUSHIMA / ヤクシマ

樹齢千年の杉の木が茂り、珍しい苔や野生のツツジに覆われた原始的で異世界的な大森林が広がる、屋久島。

まるでおとぎ話の世界のように神秘的で繊細な雰囲気を醸し出す大地の香り。

巨大屋久杉の幹、清冽な滝、情景が浮かんでくるよう。

この香りは、屋久島の豊かな植生を表現しています。

IMG_7857 2.JPG

「Candles パフュームキャンドル」

 

ラグジュアリーフレグランス業界から切望される世界初の女性調香師の一人、Françoise Caron (フランソワーズ・キャロン)と一種独特な創作スタイルのデザイナー二人のコラボレーションにより誕生した、Astire de Villatteののパフュームキャンドルコレクション。


ワックス、香料、ガラス、そしてノウハウ。

そのすべてに最高峰を追求する姿勢を貫いています。

IMG_7797.JPG

「ワックス」

 

100%天然由来の独自成分。

パラフィンや石油系化学製品を全く含まない100%ナチュラルなもので、そのテクスチャーの柔らかさから、全く純粋なもののみで作られていることが確認できます。

大豆オイル、二種類の植物性素材、蜜蝋がほんの少し加えられたワックスは、

最高の職人により長い時間をかけ作り上げられ、みごとに香りと融合し、

熱しても冷めてもその香りを十分に味わうことができる特別なものです。

IMG_7698.JPG

「コットン製の灯心」

 

 

100%コットンで織り上げられ、跡を残すことなく、約60-70時間をかけて完全に燃焼します。

IMG_7700.JPG

「吹きガラスとラベル」

 

 

 

職人によって吹きガラスで制作された、シンプルでシックなグラス。

手作りの吹きガラス容器はトスカーナで製造されており、

わずかにグレーがかった透明な色と光を放つ気泡が、時代を超越した独特の風合いをかもし出しています。

そのグラスには世界で最後の活版印刷工房のひとつである「S.A.I.G.」が、鉛を用いた古い印刷機で印刷を施したラベルを貼付します。

香りそれぞれにデザインされたそのラベルは、まさにコレクターズアイテムといえるでしょう。

IMG_7743.JPG

「使用方法について」

 

 

燃焼を最大限安定化させるため、使い初めは1時間連続燃焼させます。

次いで、2〜3時間単位の燃焼を数回繰り返すことにより、香りの真髄を引き出します。

完璧な燃焼状態を維持するため、使用毎の灯芯カットを推奨しています。これにより、常に灯芯をキャンドル中央に保ち、容器の黒ずみを防ぎます。

IMG_7733.JPG
IMG_7871.JPG

「香り」

Grand Chalet / グラン・シャレ

スイスアルプスの高原牧草地に囲まれた小さく平穏な村の中心に、威風堂々と佇む木造建築「グラン・シャレ」。

美しい自然と清新な気候に恵まれたこの地に、バルテュス画伯が構えた終の棲家。

画伯を魅了したのは、牛乳と蜂蜜の香りや、アトリエを囲む菩提樹の老木から漏れる微かなシトラスの香り。

そして今再び、画伯が愛した香りは美しき思い出のごとく蘇り、「グラン・シャレ」に沁みわたる。

Mantes-La-Jolie / マント・ラ・ジョリー

フランス パリ郊外の小さな街、マントラジョリ。

町のハーブ市場、古い大聖堂の角のお店のショーケースには、グリーンハーブがびっしり並んでいます。

すっきりとしたレモン、ベルガモット、ミント、ユーカリ。

瞬時に広がるみずみずしく透き通るようなフレッシュな香り。

Porte des Lilas /ポルト・デ・リラ

それは夢に見た過去への旅路。

次の停車駅は「ポルト・デ・リラ」。

誰もが知る1920年代に開設されたパリの地下鉄駅。

上機嫌の旅人が出口の階段をのぼりきった先に伸びる路地には、小さく可憐な家が整然と建ち並ぶ。

その庭先のフェンスから溢れ出るように咲き競うのは薄紫色のリラの花。

ときおり薔薇とジャスミンも混じる、緑華やぐ魅惑の香りに酔いしれる。

Palais de Tokyo / パレ・ド・トーキョー

セーヌ河を見下ろし、アーティストたちの空想の世界のミステリアスな乱気流の中を飛行する宇宙船かのようなパレ・ド・トーキョーは、見る者の視線を引き寄せ、目線をそらすことはできません。

常に情報に精通したフリーク(パレ・ド・トーキョー中毒のリピーター)なビジターたちが大勢集まり、熱気に満ちているうちっ放しのコンクリートの巨大な歩廊の迷路には、気持ちを揺さぶられるような香りが漂います。

それは木片の燃える煙、熱くなった肌、メタリックなバイブレーションの醸し出すうっとりと酔わせるような香り。

Rue Saint Honoré / サントノーレ

かつてはマリー・アントワネットが頻繁に訪れていたサントノレ通り。

午後の終わり。

ブティックの扉は古いパリのマカダム舗装の道に面しています。

そこには心を乱す香りが漂う。

お化粧をした女性たちのパウダーが雲のように広がる繊細なグリーンノート、ジャスミン・ローズの調和。

ブティックの龍涎な香りと高級な雰囲気の中で、美味しい香りを放ちながら融合しています。

IMG_7850.JPG