top of page
IMG_7753.JPG

ASTIER de VILLATTE

デザイナーは、イヴァン・ペリコリとブノワ・アスティエ・ド・ヴィラット。

パリで唯一の陶器メーカーとして1996年に創業しました。

黒い土を土台に白い釉薬をかけた、独特の風合いが魅力のアスティエ・ド・ヴィラットの陶器は、

パリ郊外で採掘された黒土を用いており、パリ市内の工房で職人たちの手によりひとつひとつ形作られた後、窯で焼き上げ、メイドインフランスに拘っています。

彼らの代名詞ともいえる純白の釉薬を纏った陶器は、土色が柔らかく透け、丁寧な手仕事でしか生み出すことができない、凛とした存在感を放っており、

古い器や忘れ去られたオブジェからインスピレーションを受けて、伝統とモダニズムを融合させたデザインが魅力です。

そして、香りの世界旅行をテーマとしたキャンドルとインセンス、香水などの香料製品からは、
陶器の作品群とはまた異なるアスティエ・ド・ヴィラットの世界を垣間見ることができます。

彼ら自身が楽しみながら創作することを心掛け、今日もパリのアトリエから世界中へと作品を届けています。

IMG_7661.JPG
IMG_7652.JPG

「白い釉薬」

 

「白を使うことで、モノとしてもボリュームつまりは豊かな立体感が出て、影の部分にも表情が感じられ、立体としての力と美しさが生まれる」とブノワは語る。

ブランドの創業期はオブジェを中心に制作していたAstier de Villatteだが、

しだいに「鑑賞のみよりも、普段使いできる作品」を目指すようにアスティエ・ド・ヴィラットは、ノスタルジックなディティールの器に、一番パワフルでインパクトのある「白」を使用。

クラシカルなフォルムに、白というエネルギッシュな色を用いることで、気品と柔らかなコントラストが生まれる。

 

アスティエにしかない艶やかな釉薬は、納得のいく白を生み出すまでに、丸2年以上かかったという。

パリ唯一の陶器工房として18世紀の手仕事を継承した伝統的な手法を採用し、全て手作業で製造しているからこそ、同じアイテムであっても各ピースは全て異なり、

釉薬のムラ、凹凸やゆがみ、左右の非対称さ、空洞や小さい穴なども決して「欠点」ではなく、独特の外観を与える「個性」と見なされています。

IMG_7671.JPG
IMG_7686.JPG
IMG_7678.JPG

「黒い土」

 

Astier de Villatteで使用される土は、パリ郊外、イル・ド・フランスで採掘されたもの。

パリのアトリエへ運ばれた後、空気を抜くために何度も練られる。

もちろんこの作業も決して機械を使うことなく、一貫して手作業で行うのです。

手でこねるからこそ、土が持つ強さをちゃんと生かせるという。

Astier de Villatteの見せる、真っ白な釉薬から透けて見える真っ黒な陶土のコントラストも魅力の一つです。

IMG_7840.JPG

「香りで世界を旅する」

 

世界各都市の名を冠したAstier de Villatte のインセンスとキャンドルは「世界各国の神秘的な場所が放つ、つかの間の香り」をテーマに作られたコレクション。

繊細で豊かな香りに、まだ見ぬ土地への憧れや懐かしい郷愁を呼び起こされ、日常の生活感からふと遊離した時間と空間をもたらしてくれます。